姓名-武者小路實篤 (1885.5.12-1976.4.9)
   原名:(略)

 

武者小路實篤

 


 
背景經歷-

  東京府東京市麴町區(今東京都千代田區)出身。出自藤原北家支流・閑院流末裔公卿之家系武者小路家,子爵・武者小路實世與秋子之第8子。歷經學習院初等科、中等科、高等科,1906年,入東京帝國大學社會學科。1907年,東大中退。1910年,與志賀直哉、有島武郎、有島生馬等人創刊文學雜誌《白樺》。因此被稱為白樺派。對托爾斯泰傾倒。

 

  1946年(昭和21年),就任貴族院議員。1948年(昭和23年)創辦雜誌《心》並成為其主幹直至去世前。1951年,文化勳章受章。1976年(昭和51年)4月9日,因尿毒症在東京都狛江市慈惠醫科大學附屬病院病逝,享年90歳。

 


 
寫作風格-

  実篤は白樺派の思想代名詞的存在で、理想郷の建設に代表される理想主義的・空想社会主義的行動には現実離れしているという批判もつきまとった。また、気紛れで始めたことを簡単に投げ出すという無責任とも取れる言動を批判されることもあった。

 

  ただしその作品は必ずしも彼の思想的背景に依るものではなく、それゆえ現代に至るまで広く一般に読まれている。これが一般には『友情』『愛と死』などの代表作を生んだ、近代日本を代表する作家の一人としての知名度の方が遥かに高い所以である。

 

  日本文學「白樺派」代表人物。

 



得獎記錄-
 1951年 文化勳章

 



作品列表-(出版時間以日文原著為主)
 * 無任何系列

 1919年 友情(友情)
 1939年 愛與死(愛と死)
  幸福家庭
  憶年少
  人生論
  大自然是我自己




個人部落格-
(無)

 



相關連結-
維基百科 武者小路實篤
 

 


  
參考資料(資料來源)-
博客來網路書店維基百科 武者小路實篤維基百科 武者小路實篤
(日)

 


  
照片來源-
互動百科 武者小路實篤(簡)

文章標籤
創作者介紹
創作者 joycefairy 的頭像
joycefairy

fairy的書香歲月~一葉扁舟

joycefairy 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()